店舗ビジネスや中小企業の経営者の方に役立つ情報やノウハウを発信!あなたにやる気と勇気をチャージします!


by mercury-consul

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
逆転戦略
ビジネスモデル
マーケティング
営業・接客
ブランディング
組織化
成功哲学
成功事例
お勧め本
お知らせ
自分を変革する
やる気を高める
障害を乗り越える
人との繫がりを大事にする
未来を信じて突き進む
備忘録
未分類

最新の記事

稼げる人と稼げない人の違い
at 2014-03-14 07:00
惹きつける文章を書けるように..
at 2014-03-12 22:14
リスト取りで失敗する人が必ず..
at 2014-01-26 06:00
特典にクソレポートやガラクタ..
at 2014-01-25 07:00
草食系や絶食系は卒業!闘争心..
at 2014-01-24 22:39

以前の記事

2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

カテゴリ:組織化( 10 )

幹部社員を育てるときに注意するポイントは!?


【質問】

いつもメールマガジンを拝読しております。

今回質問したいのは幹部社員の育て方についてです。


当社では部長以上の幹部社員が数名いますが

仕事を安心して任せられるような

幹部社員がほとんどいません。


一般の社員と違って幹部になれる人材は

適性があるようにも思いますが

どういう観点で幹部社員を選抜したらよいでしょうか。

またどのように育てていけばよいでしょうか。


何かヒントになるような回答が

いただければ幸いです。



【回答】

社長さんとお話していると

右腕になるような人材が欲しいとか

信頼できる幹部が欲しいと言われる方が多いのですが

それだけ優秀な幹部を獲得するのは

難しいということだと思います。


しかし、組織を大きくしていくには

社長一人では限界がありますから

自分を支えてくれるような幹部社員が

絶対に必要になります。


優秀な幹部を採用するのは難しい。

しかし、組織を拡大していくには

支えになってくれる幹部が必要になる。


この矛盾を解決するには

やはり自社で幹部を育てる以外に

手はありません。



人材スカウト会社などに依頼して

優秀な人材を外部から引っ張ってくる

やり方もあるにはあるのですが

これがうまくいくのはある程度の規模の会社で

社員数50~60名以下の会社では

会社の文化に馴染めずにスカウトしてきた人が

辞表をだして去ってしまうことが多いようです。


こうした意味からも

自社で幹部社員を育てた方がよいと言えるでしょう。


が、ほとんどの会社で幹部の育成に

失敗しているのが現実なのです。



幹部社員を育てるにはいくつか

押さえておくべきべきポイントがありますが

今回は2つのポイントについて

解説しておきたいと思います。



ひとつは、幹部社員にきちんと

自社のビジネスのおもしろさ強さを

伝えているかということです。


「このビジネスであれば絶対に勝てる!」

「こういうビジネスに携われて幸せだ!」

という風に思ってもらえればしめたもの。


その幹部社員は社長さんが何も言わなくても

勝手に頑張ってくれるようになるでしょう。


ただ、これがうまく大前提として

現在のビジネスモデルが

勝てるものになっていることが条件になります。


勝てるビジネスモデルの構築は

売上をあげるというだけでなく

幹部社員を惹きつけたり、

その幹部社員の持っている力を

最大限引き出すことにも有効なのです。


幹部社員の育成も重要ですが

勝てるビジネスモデルを構築する方が

はるかに優先すべき課題なのです。


ぜひこの機会にビジネスモデルを見直してみてくださいね。



もうひとつは、幹部社員に対する接し方です。


社長さんに確固たる軸がなく

都度ブレているようでは

幹部社員も社長に付いて行こうとは思いませんよね。


ブレない軸を持つこと。

そして、幹部社員にはそのブレない姿勢を

常に見せ続けることが重要です。


幹部社員に対しては

特にその時の気分やノリで

接してはダメなのです。


一貫性を持って接するようにしてください!



幹部社員になるには、経営全般、財務、

マーケティング、人心掌握術、リーダーシップなど

たくさんのことを学んでもらう必要があります。


が、もっとも重要なのは

自社のビジネスモデルに惚れ込んでもらうこと。

この社長に付いて行こうと思ってもらうこと。

だと思います。


経営の知識や技術は一人でも学べますが

私が先ほどあげた2点については

社長でなければできないことなのです。

ですから、上記2点に留意して幹部社員の教育を

行なっていただければと思います。


c0289013_102026.jpg


c0289013_23555668.jpg
c0289013_23524960.jpg

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-09-16 01:03 | 組織化

【ガチンコ経営対談】労使トラブルを解決・未然防止する効果的な方法




c0289013_23555668.jpg
c0289013_23524960.jpg

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-07-28 14:18 | 組織化

ブランド力や知名度ない中小企業が優秀な学生を採用するには!?

【質問】

島倉先生、いつもメールマガジン
楽しみに拝読しています。

ひとつ質問したいことがあるのですが
現在当社は業績が伸びているので
新卒採用を始めたいと考えています。


しかし、新卒の方は
大手志望で中小企業には
目を向けていないのが現実です。

当社はブランドや知名度がなく
新卒採用で苦戦しそうなのですが
優秀な学生をどうやれば採用できるでしょうか。



【回答】

まず、現在の不景気の中で
業績を伸ばしている社長の手腕を
絶賛させていただきたいと思います!

そして、会社が成長してきている中で
中途採用に頼るのではなく
新卒採用で人材を補填するという
お考えも素晴らしいですね!

中途採用市場に優秀な人材は
ほぼいないと考えた方がよいので
優秀な新卒を採用するという考え方は
まったくの同感です!



が、とは言っても中小企業が
優秀な新卒を採用するのは
とても難しいのが現実です。


大企業との奪い合いになるので
普通にリクナビやマイナビなどの
採用サイトで募集をかけても
優秀な新卒を採用することはできません。


正攻法でいくよりも
手間暇かけて裏ワザを使って
採用するということを
考えてみてはいかがでしょうか。



例えば、在学中の学生を囲い込んでおいて
採用するというやり方があります。

インターンシップなどで来た優秀な学生を
社内イベントや会食会、勉強会などに
誘ってフォローし続けるのです。


実際、当社の顧問先でもそのようや方法で
採用して成功している会社がありますが
成功するポイントは社長自らがやること!

通常、大企業の場合、
学生が社長と直接会うことはありませんが
中小企業であればそれができます。

社長自らが積極的に
学生とコンタクトをとることで
囲い込んでしまうとよいでしょう。


また、社内イベントなどには
学生のご両親なども招待するとさらによいですよ^^


他にも、大学の部活動やサークル活動の
スポンサーとなって学生と接触できる機会を
持つという方法も有効です。

さらに、採用を目的とした本を執筆したり、
動画マーケティングやメディアを使って
ブランドを構築するという方法もあります。


メディアについてはお金をかけずに露出する方法は
いくらでもあるのでご興味あればご相談くださいね!



いずれにせよ、正攻法ではダメ。
上記のような裏ワザ的なやり方で
優秀な学生とコンタクトをとって
継続的にフォローをして採用につなげましょう!


c0289013_1553324.jpg


c0289013_23555668.jpg
c0289013_23524960.jpg

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-05-29 05:00 | 組織化

「リピートが増えている」というので数字を調べてみたら事実は真逆でリピートが減っていた!

こんばんは、島倉です。


御社のリピート率はどうですか??

こういう質問を経営者の方にすると

「男性からのリピートが多いですね」

「最近、リピートが増えていますよ」


というお答えをいただきます。


が!!実際に数字を調べてみたら。。

「男性ではなく女性のリピート率の方が高い!」

「次第にリピートが減ってきている!!」


というように

お答えいただいたこととは全く逆の

結果だったということが結構あります @_@




どうしてこういうことになったのでしょうか!?

調べてみたところ。。


たまたま経営者の方が現場にいたときに

男性からのリピートが多かったというだけで

男性のリピート率が高いと思い込んでしまった。



リピートしてくれているお客様が

ある期間、集中的に来店してくれたので

リピートが増えていると勘違いした。



。。が原因であることがわかりました。


このように数字を見ないと

勝手に推測して。。

しかもよい方向で推測してしまって

事実とは異なる結論をだすことになるのです ^^;



経営は数字。

数値化したものがすべて、です。

数字をきちんと把握すれば

思い込みや勘違いを防ぐことができます。


経営は数字できちんと把握する。

当たり前のことですが

意外にできていません。



売上や客数は把握しているが

リピート率や紹介数、クレーム数、

商品ごとの売上、

広告やチラシ・はがきの反響率など

細かい数字まではデータ化していない

という会社やお店が結構多いんです。


数字を直視しなければ

適切な対策など打ちようがありません。



あなたの会社できちんと数値を把握しているかどうか

この機会にチェックしてみてください!


c0289013_22531150.jpg


c0289013_23555668.jpg
c0289013_23524960.jpg

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-05-13 06:00 | 組織化

会社を引き継ぐ適切なタイミングはあるのか!?

【質問】

将来、父親が経営している会社を継ぐ予定なのですが
父親がなかなか社長を交代しようとしません。
何か適切なタイミングというのはあるのでしょうか。


【回答】

事業継承に関しては事業を譲る社長、
または譲られる二代目、三代目の方の
どちらの方からも相談があるのですが
タイミングの問題は多く寄せられます。

適切なタイミングはいつか。。ということなのですが、
適切なタイミングというのはありません。

というのは、どんなに事業継承の準備をしても
社長になってみないとわからないことは
かならずあるので準備を万端整えたときが
絶好のタイミングだということでもないのです。

また、どんなに準備ができたとしても
父親である現社長がまだまだやる気十分
という状態であれば継承できませんよね。

ですから、タイミングということは気にすることなく、
いつでも事業継承できるように、
出来る限りの継承の準備だけは進めておく
というスタンスでいるとよいと思います。


事業継承で大事なことはたくさんありますが
もっとも大事なことは心の継承。

現社長とは普段ゆっくりとお話していますか?
現社長が何を考えているのか把握していますか?


事業継承で失敗する最大の原因は
父親(母親)と息子(娘)の
普段のコミュニケーション不足。

そう、コミュニケーションができていないので
お互いが相手が何を考えているかわからない。

そうなると自分の主張だけを繰り返して
相手の話を聞こうとしなくなり、
関係がどんどん悪くなっていくのです。。><;

事業継承どころか親子関係まで
悪くなってしまうのでもう最悪の状態です。

笑うに笑えないのですが。。
意外にもこういうことで事業継承に失敗する
ケースが非常に多いので注意してください!!


事業継承のテクニック的なことや法的な問題も
確かに大事と言えば大事なのですが
まずは心の継承が一番です。

来るべき事業継承に備えて
まずは現社長であるお父さんと時間をかけて
ゆっくりとお話してみてはいかがでしょうか。

c0289013_1229271.jpg


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-26 13:00 | 組織化

中途採用社を募集しているのにすぐに辞められるのは何が原因か?

【質問】

中途採用者を募集しているのですが
採用してもすぐに辞められてしまいます。
何が原因なのでしょうか。

給与については業界の平均よりも
多めに支給しています。


【回答】

業界平均よりも給与額が多いのに
なぜ辞められてしまうのか、ということですが
給与については本質的に問題ではありません。

給与が少ない会社であっても
採用者が長く働いている会社はたくさんあります。

ですから、給与が極端に低ければ別ですが
業界平均よりも高いということなので
そこに原因はなさそうです。


詳しい状況がわかりませんが、
いくつか理由が考えられると思います。

ひとつは、採用時に出稿していた広告内容、
また面接などで話をしていた内容と
実際があまりにもかけ離れているケースです。

確実に辞められてしまうでしょう。
というよりも。。辞められて当然です。

募集広告や面接で話していたことと
現実がかけ離れているのは悪質と言わざるを得ません。

きれいなオフィスの写真をどこからか入手して
いかにも自社のオフィスであるかのように広告に掲載したり、
採用時に伝えていた給与と入社してから支払われる給与が
まったく違っているなど問題外です。

御社がこんな悪質なことをしているとは思いませんが
気づいていないうちに採用時に大げさに話をしたり、
事実と異なることを伝えている場合があるので
注意すべきです。

そんなことをしても、採用コストがかかるだけで
人材が定着してくれることはありません。


次に問題なのは、受け入れ体制ができていないケース。

中小零細企業であれば99パーセントの会社が
受け入れ態勢ができていないと言ってもよいでしょう。

例えば、入社して社長の営業活動に同行。。では
やはり辞められてしまうでしょう。

少なくとも、営業の勝ちパターンを定型化したり、
業務の標準化を行うなどしてマニュアルに落としこむ
ぐらいのことは最低限しておくべきです。

また、何をしたらどう評価されるのか、
人事評価制度をしっかりと作っておくことも大切です。

受け入れ体制で言えば、まだまだ準備すべきものはありますが
先ほど指摘したマニュアルや人事評価制度ですら
きちんと整えている会社は本当に少ないでしょう。

人が育つまでには時間がどうしてもかかります。
ですから、採用したらどのレベルまでどう育てるかなど
教育の仕組みづくりにまず取り掛かってみてはいかがでしょうか。


さらに、既存社員が新人の受け入れについて
快く思っていないというケースもよくあります。

新人を歓迎しているのは社長だけ。

社長以外の社員は

「忙しいのに仕事を教えている時間なんてある訳ない!」
「またつまらなそうな人が入社してきた!」

というようにネガティブな状態に
なっていることが少なくありません。

この状態で入社してもらっても
確実に近いうちに辞められてしまうでしょう。

こういう状態を解消するには社内で

新人をどのように受け入れたらよいか。
過去の受け入れでどのような問題があったか。
よりよくするにはどうしたらよいか。

など、問題点と改善策について社内で話し合う機会を
設けるようにするとよいと思います。


新人が辞める理由は様々なものが考えられますが、
受け入れる側として少なくとも、

採用時に現実とは違うことを言わないようにする。
採用後の受け入れ体制をきちんと整える。
受け入れに対する既存社員のネガティブな状態を解消する。

はやっておくべきだと思います!!



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-24 18:00 | 組織化

何ごとも悲観的に考える社員の思考をどうやってけることができるか!?

【質問】

何ごとも悲観的に考える社員がいます。
彼の思考をどうやって変えることができるでしょうか。


【回答】

何ごとも悲観的に考える人や否定的に捉える人は
自分自身に対して自信を持っていません。

ですから、「自信を持て!」と怒ってみたり、
「そういう態度はやめろ!」と言ったところで
かえって事態は悪くなるので注意してください!

まずは自信を取り戻してあげることが必要です。


どうやって自信を取り戻すかということですが、
簡単な仕事を振ってみてはいかがでしょうか。

「忙しいからちょっと手伝ってくれない?」
「○○○なんだけど一緒にならない?」

という感じで軽い感じで、誘う感じで
簡単な仕事を手伝わせるようにしてください。

そして、できたらちゃんと褒めてくださいね。

これを何度も繰り返していけば
少しずつですが自信を取り戻すことができるでしょう。


ひとつだけ注意してもらいたいこと。
それは、プレッシャーを与えることです。

ですから、自信を回復させようとする過程で
短期間で相手を変えようとしてはいけません。

そのような無言の圧力は相手に伝わるもの。
せっかくの取り組みも台無しになってしまいます。

じっくりと時間をかけて見守ってあげてください! ^^


相田みつをさんの名言に

「ともかく具体的に動いてごらん。
 具体的に動けば 具体的な答が出るから」

という言葉がありますが、
まさにこの通りだと思います。

誰もが自信を失うと次第に行動したくなくなり
悲観的に考えるようになります。

そして、その状態が続くと精神的に病んでしまうのです。

このような負のループを断ち切るには
相田みつをさんの名言にあるように
とにかく行動させ続けることで
悲観的な思考をする余裕を与えないことが大切なのです。

行動していればかならず次の展開がやってきます。

よい予感を持ちながら
新しいことにチャレンジしていく
楽しさを伝えてあげてくださいね。

c0289013_18592332.jpg


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-19 05:00 | 組織化

社内で起きている足の引っ張り合いをどう解決するか!?

【質問】

弊社は老舗の機械部品メーカーです。

今日まで商品開発に注力してきましたが
優れた商品をつくるだけでは
売れないということに気づきました。

そこで、販売に力を入れるために
営業やマーケティング部を増員して
予算をかなり割り振るようにしたところ
商品開発部から猛烈な反発が起きました。

現在は何かをやろうとするごとに
商品開発部が反対するなど
社内で足の引っ張り合いが
起きているというような状況です。

何か有効な解決策はあるでしょうか。
ぜひご教示いただければ幸いです。


【回答】

部門間の対立はよくある問題で
状況にあわせていろいろな対応があるかと思いますが
今回は原則についてお答えしたいと思います。

原則、それは何かというと、
経営者や経営幹部はどような状況になっても
最初に決めたことをやり切ること。

つまり、最後まで一貫した対応をとることが
このような問題に対処するときの前提となります。


商品開発部のご機嫌をうかがいながらも
営業やマーケティング部の人間には
商品開発部の人たちに言ったことと違うことを言う。

または、異なることを約束してしまうというのでは
組織として統制がとれなくなってしまいます。


「あちらを立てればこちらが立たず 」

という言葉があるように
両立させようとすること自体が無理なのです。

ですから、今回の場合であれば
予算をかけて販促をやっていくという決定をしたのですから
それをきちんと商品開発部の人たちに
納得してもらえるまで説明し続ける
という態度をとることが大事です。

また、この決定については役員会で決めたのですから
覆すことはないということもあわせて表明すべきでしょう。


一番やってはいけないのは
商品開発部の人間と裏取引をしてみたり、
場当たり的に適当な言葉で逃げないことです。

経営者や経営幹部がブレているようでは
組織としての方針が浸透せずに
社員がばらばらになってしまいます。

これをやるんだ!と決めたら
ブレずにそれを突き通すべきです。

そうしたことから経営者や経営幹部への信頼、
組織への忠誠心が醸成されていくのです。


ブレない一貫した態度で
社員を説得してひとつのベクトルに
組織をまとめていくのが経営者の仕事です。

決意を新たにして本気でやり切るんだという思いを
経営者自らが持っていただきたいと思います。


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-15 05:00 | 組織化

経営者が果たすべき本当の役割

経営者の仕事は管理することがメインだと思われますが
そうではありません。

では、経営者が果たすべき本当の役割は何か。
成功するために経営者は何をしなければならないのか
について解説します。



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-13 09:00 | 組織化

ブランドや知名度がない会社が優秀な学生を採用する方法

【質問】

島倉先生、いつもメールマガジン
楽しみに拝読しています。

ひとつ質問したいことがあるのですが
現在当社は業績が伸びているので
新卒採用を始めたいと考えています。

しかし、新卒の方は
大手志望で中小企業には
目を向けていないのが現実です。

当社はブランドや知名度がなく
新卒採用で苦戦しそうなのですが
優秀な学生をどうやれば採用できるでしょうか。


【回答】

まず、現在の不景気の中で
業績を伸ばしている社長の手腕を
絶賛させていただきたいと思います!

そして、会社が成長してきている中で
中途採用に頼るのではなく
新卒採用で人材を補填するという
お考えも素晴らしいですね ^^

中途採用市場に優秀な人材は
ほぼいないと考えた方がよいので
優秀な新卒を採用するという考え方は
まったくの同感です!


が、とは言っても中小企業が
優秀な新卒を採用するのは
とても難しいのが現実です。

大企業との奪い合いになるので
普通にリクナビやマイナビなどの
採用サイトで募集をかけても
優秀な新卒を採用することはできません。

正攻法でいくよりも
手間暇かけて裏ワザを使って
採用するということを
考えてみてはいかがでしょうか。


例えば、在学中の学生を囲い込んでおいて
採用するというやり方があります。

インターンシップなどで来た優秀な学生を
社内イベントや会食会、勉強会などに
誘ってフォローし続けるのです。

実際、当社の顧問先でもそのようや方法で
採用して成功している会社がありますが
成功するポイントは社長自らがやること!

通常、大企業の場合、
学生が社長と直接会うことはありませんが
中小企業であればそれができます。

社長自らが積極的に
学生とコンタクトをとることで
囲い込んでしまうとよいでしょう。

また、社内イベントなどには
学生のご両親なども招待するとさらによいですよ^^


他にも、大学の部活動やサークル活動の
スポンサーとなって学生と接触できる機会を
持つという方法も有効です。

さらに、採用を目的とした本を執筆したり、
動画マーケティングやメディアを使って
ブランドを構築するという方法もあります。

メディアについてはお金をかけずに露出する方法は
いくらでもあるのでご興味あればご相談くださいね!


いずれにせよ、正攻法ではダメ。
上記のような裏ワザ的なやり方で
優秀な学生とコンタクトをとって
継続的にフォローをして採用につなげましょう!


以上、参考にしてみてください! (*^-^*)


なお、本メールマガジンでは、
毎週メルマガ読者の皆様からの質問にお答えしています。
これまでのQ&Aもバックナンバーにたくさんあるので
ご興味があれば覗いてみてくださいね。
もちろん、質問も随時受付中です! ^^v

http://www.mag2.com/m/0001393913.html

c0289013_2194149.jpg


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-09 02:20 | 組織化