店舗ビジネスや中小企業の経営者の方に役立つ情報やノウハウを発信!あなたにやる気と勇気をチャージします!


by mercury-consul

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
逆転戦略
ビジネスモデル
マーケティング
営業・接客
ブランディング
組織化
成功哲学
成功事例
お勧め本
お知らせ
自分を変革する
やる気を高める
障害を乗り越える
人との繫がりを大事にする
未来を信じて突き進む
備忘録
未分類

最新の記事

稼げる人と稼げない人の違い
at 2014-03-14 07:00
惹きつける文章を書けるように..
at 2014-03-12 22:14
リスト取りで失敗する人が必ず..
at 2014-01-26 06:00
特典にクソレポートやガラクタ..
at 2014-01-25 07:00
草食系や絶食系は卒業!闘争心..
at 2014-01-24 22:39

以前の記事

2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

カテゴリ:営業・接客( 18 )

営業においてパワーポイントで作成した資料でプレゼンしてもよい反応が得られない理由

【質問】

営業するときに
パワーポイントで作成した資料を
渡してプレゼンをしているのですが
よい反応が得られません。

効果的なプレゼン資料を作成する方法
ポイントについて教えてください。



【回答】

営業資料の作成についてのご質問ですが
資料の精度やプレゼンの仕方によって
成約するかどうかが左右されるので
資料づくりは大切なことだと思います。


が、それ以上に大切なことがあります。

それは、資料の中身や質ではなく
プレゼンに至るまでのプロセスです。



相手があなたの話にとても興味を持っていて
話を聴く体制になっていなければ
いくら頑張ってプレゼンをしても
聞いてはもらえません。

ですから、プレゼンの資料づくりも大切ですが
相手がこちらに興味をもっている状態をつくる
ことに注力してみてはいかがでしょうか。



ホームページやダイレクトメール、
小冊子といったツールを使って
お客様と会う前に情報提供を行い、
相手がこちらの話を興味を持って
聴いてくれる状態をつくりだしておきましょう。

そうすれば、資料の精度や内容が
少しくらい悪くても成約することができるはずです。



巷にはきれいな資料の作り方や
プレゼンテーションの方法などを解説した
セミナーや書籍で溢れています。

資料づくりやプレゼンテーションの方法ばかりに
気をとられているビジネスマンも多いですが
本質はそこではないのです。

「会う前にいかに興味をもったもらえるか」

もう少し極端に言えば

「会う前に勝負はすでに決まっている」

と言ってもよいでしょう。



プレゼンテーションの成否は
それ以前の段階でほぼ決まってしまうのですから
会う前に十分に情報提供を行なっておいて
相手の興味関心度を高めておいてください。

そうすれば、劇的にプレゼンの成功率が
高くなるはずです。



以上、参考にしてみてください!

c0289013_1422267.jpg


c0289013_23555668.jpg
c0289013_23524960.jpg

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-06-13 05:00 | 営業・接客

世間がネットに偏っている今こそ、超★アナログ営業で勝負せよ!!

こんにちは、島倉です。

もはやネットなしにマーケティングを
考えるのは無理。。と思いきや
実はそうではないんです!

こういう時代だからこそ、
ネットではなくアナログが効果があるんです。



例えば、ダイレクトメール。

以前に比べて数が減っていると思いませんか??

そう、皆がネットマーケティングの方に
向かっていっているので
ダイレクトメールをガチでやっている
会社がめっきり減ってしまったんです。

当然、こういうときに
ダイレクトメールをすれば
ポストに他社のダイレクトメールがないですから
めちゃくちゃ目立って効果があります!

わたしの顧問先でもダイレクトメールで
がんがん売っていますよ^^


競合がやっていないからこそやる!!

これこそが勝利の秘訣ではないでしょうか。



以前もお伝えしましたが
はっきり言って世の中の会社が
ネットマーケティングに向かっていっていますから

ダイレクトメール
ポスティング
街頭配布
電柱広告
パネル広告
飛び込み営業
テレアポ
手紙
はがき

など、超★アナログ手法ががら空き状態。

やればやるほど効果をあげています!!


他の会社がやっているのなら
敢えてうちはやらずに違うことをやる!

こういう逆張り発想が大事です!!


あなたの会社もネットに頼りすぎていませんか??

ネット万能の今だからこそアナログ営業がお勧めですよ!!

c0289013_23555668.jpg
c0289013_23524960.jpg

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-04-22 21:38 | 営業・接客

営業という仕事をどういう風に考えたらよいか

【質問】

来月から営業部に配属されることになりました。

営業という仕事に対して
どのように考えたらよいでしょうか。

結果をださなければならない
というのはわかるのですが。


【回答】

営業だけではないのですが
仕事についてはかならず結果が求められます。

ですから、結果をだすという
強い信念を持つことが大切です。

ただ、営業マンを見ていると
単にがんばるとか、努力するとかといった
軽いノリで営業に臨んでいる人が少なくありませんが
そういう営業マンは結果をだせません。

結果をだしている営業マンは
自分の存在、プライドすべてを
営業という仕事にかけて仕事に臨んでいます。

売ることのプロという意識を思っていますから
がんばるとか努力するといった中途半端な意識ではなく、

絶対にオレが売るんだ!!!
売るためならどんな努力も惜しまない!!!!!

という強い意識で臨んでいるのです。


言葉ではなかなか伝えきれませんが、

売らなければ人生終わり。
存在する価値がない。

ぐらいの覚悟で、
自分のすべてを掛けて取り組むというように
考えてもらえればよいと思います ^^


売れないときに

商品の質が悪い。
お客さんのニーズにあっていない。
タイミングがあっていない。

など売れなかった理由を言う人も多いですが
そういう態度はプロではありません!!

本当のプロの営業マンとは
どのような条件であっても売るのです。

ですから、仮に商品の質が他社のものよりも悪くても
訴求ポイントを自分で見つけ出して
売れるようにセールストークを組み立てるのです。


売れないときにプロは言い訳しません。

自分のすべてを掛けているのですから
本当に悔しがって自責を感じるのです。

ですから、売れなかった日に

キャバクラに行って騒いで忘れよう!
お酒を飲んで記憶から消してしまおう!
とりあえず寝てしまおう!

というような態度ではいつまでもプロにはなれません。


社内にいるとき、帰宅する途中、
そして自宅についてからも
ずっと売れなかったことについて
悔しい想いを引きずるものなのです。

そして、その悔しさをバネにして
翌日、また意欲的に営業に行く
というのが本当のプロなのです。

先日、私も新規案件を失注してしまって
一晩中悶々として眠れない日がありました @_@;

全力で商談に臨んでいる訳ですから
悔しさが簡単に消えるようでは本物ではないですよね。


営業で成果をだすには
確かにテクニックやノウハウは必要ですが
もっとも大事なのは売るということへの意識です。

売るということに対してプライドと責任感を持ち
何があっても売るんだという強く
自分自身を意識づけられるかどうかが重要なのです。

c0289013_0372687.jpg


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-21 07:00 | 営業・接客

お客様や採用応募者を惹きつける効果的な方法

営業や販売のときに相手を惹きつける、
取引先との交渉で有為な立場にたつ、
優秀な人材を集め、面談で入社したいと決意させるには
○○○○○○○を話をすることが大切です。

その○○○○○○○とは何か。それを解説します!



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-14 09:00 | 営業・接客

お客様からのお問い合わせに対する効果的な対応方法

【質問】

以前、島倉さんのセミナーに参加させていただいた者です。

セミナーでお話していたことを実行して
ホームページで問い合わせをいただけるようになりました。

しかし、そこからうまくいきません。

問い合わせについてはメールで返事しているのですが
当方がメールで返事をだした後に
連絡がぱたりと来なくなるのです。

メールには失礼なことは一切書いていませんし、
きちんと問い合わせ内容については
返答しているので問題がないと思います。

ホームページからの問い合わせについては
メールではなく電話で対応した方がよいのでしょうか。

ご教示ください。


【回答】

文面から推測できる範囲でお答えしますが、
問い合わせに対する返答は
電話かメールかの判断については
正直どちらでも構いません。

が、電話で問い合わせしてきた方には電話で、
メールで問い合わせしてきた方にはメールで
が基本かと思います。

というのも、電話ではなく敢えてメールで
問い合わせをしてきたということを考えれば
メールでの問い合わせは
メールで返答してあげた方がよいでしょう。


電話かメールかといったツールの問題ではなく、
やはりメールの内容に問題があると思います。


「問い合わせ内容についてはきちんと返答している」

というところが最大の問題だと思っているのですが、
何が問題かわかるでしょうか。


問い合わせ内容に返答するだけのメールは
適切な対応に思えるかもしれませんが、
対応が機械的で不親切、人間味がない
という風にマイナスにとられることが多いんです。

ホームページからの問い合わせは
まだ注文が確定した訳ではなく
見込みの段階ですから、
相手にこちらに対してより興味を持ってもらったり
親切で親身な会社だと思ってもらわなければなりません。

ですから、問い合わせ内容ついてだけ答えるというのは
適切な対応どころか最悪な対応なんです!! ><;

ここがわかっていないために
せっかくの問い合わせを無駄にしてしまっている
会社が少なくないのです。


例えば、私の場合は、周辺情報などを含めると
A4サイズで4~5枚ぐらいのになるくらいの
分量のお返事を書いています。

通常のやり取りについても
わかりやすさを心がけていますから
事例などを含めて解説しているので
どうしてもそのぐらいの分量になります。

多過ぎるのでは?と思われるかもしれませんが
相手はあなたの会社、または商品サービスに
興味を持っている訳ですから
分量が多くてもかならず読んでくれます。


興味がなければ

「やたらに量の多いメールで迷惑だ!」

ということになってしまいますが、
興味を持っている訳ですから、


「親切な会社だ!」
「対応のよい社長さんだな!」

という風に好意的に解釈してくれる訳です ^^


聞かれたことについて端的に答える。

一見すると正解のように思えますが
実はこれ、大きな間違いなのです。

ですから、電話で答えるべきか
それともメールで返答すべきかという
ツールの選択の問題ではなく
やはりメールで返答する際の中身の問題に
尽きると言えるでしょう。


あなたがお客さんの立場だったときにどう思うか。

お客さんの視点で返信する内容について
考えてみるとよいと思います ^^v


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-12 16:00 | 営業・接客

誰でもネットショップが簡単に開設できる「STORES.jp」

アマゾンや楽天などネット通販が
生活の一部として定着しました。

こうした動きを考えれば
もはや店頭だけで販売しているだけでは
お客様を逃してしまうことになります。

店舗販売だけでなく
ネットショップを併用することが
売上を拡大していくために必要です。


ただ、ネットショップというと。。

大手のサイトに登録するのはお金がかかる。
自分で開設するのは敷居が高い。

と思われるかもしれませんね。

が、そんな方にお勧めしたいのが
誰でも簡単にネットショップを開設できる
STORES.jp というサービスです。

https://stores.jp/


同サイトのサービスを使って
開設されたストア数は1万店。

取引商品総額も3億円に達成しているとか!

しかも、簡単にネットショップを
開設できるのですから
これはチャレンジしてみる価値が
あるのではないでしょうか!! ^^


そんな STORES.jp がプロカメラマンによる
販売アイテム写真を撮影してくれる
サービスを始めました。

同サイトでお店を開設したユーザーに対して
プロのカメラマンが
無料で販売アイテムの写真撮影を
行なってくれるというサービスです。


ネットショップでは写真の出来不出来が
売上に大きく影響してきます。

が、素人が撮影しても
魅力的な写真は撮影できません。

ですから、同社の無料撮影サービスは
ネットショップをはじめて開設する方には
とてもうれしいサービスなのではないでしょうか。


大掛かりな投資をすることなく、
簡単にネットショップが開設でき、
しかも、販売アイテムの写真を
プロのカメラマンが無料で撮影してくれるのですから
ネットでの販売を考えている方には
ぜひとも試していただきたいと思います ^^v

c0289013_23585797.jpg


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-09 06:00 | 営業・接客

歓迎会や送迎会、パーティーなど、春の宴会需要を取り組むために飲食店がやるべきこと!

春と言えば、花見などの宴会、
卒業、入学、入社、異動など、
イベントが集中する時季です。

歓迎会や送迎会、パーティー、飲み会など
あらゆる宴会需要を取り込むことができれば
飲食店にとっては売上をあげる
大きなチャンスになります。

また、お店を覚えてもらえる
よい機会にもなるので、
飲食店としてはまさに勝負の時季!!


では、宴会需要をどのように取り込むかですが
まずはコースやメニューの設定!

宴会ニーズに応じたコースやプランを設定し
わかりやすいタイトルをつけておくとよいでしょう。

例えば、祝☆卒業プラン、新社会人お祝いコース、
入学おめでとうコース、フレッシュマン応援セットなど。

これであれば、歓送迎会を企画する担当者が
どのようなコースなのか一目でわかるので
注文しやすいですよね。


コースやメニューを設定したら、
次は告知するためのチラシづくりです。

コースやメニューを掲載するだけでは
チラシの反響は見込めません。

チラシを見てもらうにはインパクトが重要!
例えば、「2時間飲み放題付き」など
コースの特長を強調する、
また、予約したときの特典を
特典1、特典2、特典3、というように
畳みかける感じで表示すると読んでもらえます。


次にチラシをどう活用するかですが、
法人対象であれば街頭で手配りすると同時に
企業を直接訪問して挨拶回りをしながら
直接渡すというのが効果があります。

大学生が対象であれば
新入生歓迎会の予約につなげるために、
大学のサークルや団体を訪問して
直接チラシを手渡しするとよいでしょう。


上記のことをやれば
確実に宴会需要を取り込むことができますが、
注文がとれたからといって安心してはいけません!

春の宴会はあくまでもお客様との接触が目的。
宴会終了後にリピートしてもらうことが大切です。

ですから、リピートにつなげるために
無料チケットや割引券などを渡しておいて
次の利用につなげてください。

また連絡先をきちんと把握しておいて
宴会終了直後、また定期的にはがきを出して
連絡を撮り続けることがリピート獲得につながります。

メールマガジンの購読を勧めたり、
フェイスブック特典などを設けて、
メールマガジンやフェイスブックなどを
見てもらうように働きかけるのも有効です!


春の宴会シーズンまであとわずかしかありません。

まだ準備をしていないのであれば、
上記を参考にすぐに準備にとりかかってくださいね! ^^v

c0289013_225279.jpg


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-08 22:06 | 営業・接客

悲観的な思考の社員をどう更生させるか!?

【質問】

何ごとも悲観的に考える社員がいます。
彼の思考をどうやって変えることができるでしょうか。


【回答】

何ごとも悲観的に考える人や否定的に捉える人は
自分自身に対して自信を持っていません。

ですから、「自信を持て!」と怒ってみたり、
「そういう態度はやめろ!」と言ったところで
かえって事態は悪くなるので注意してください!

まずは自信を取り戻してあげることが必要です。


どうやって自信を取り戻すかということですが、
簡単な仕事を振ってみてはいかがでしょうか。

「忙しいからちょっと手伝ってくれない?」
「○○○なんだけど一緒にならない?」

という感じで軽い感じで、誘う感じで
簡単な仕事を手伝わせるようにしてください。

そして、できたらちゃんと褒めてくださいね。

これを何度も繰り返していけば
少しずつですが自信を取り戻すことができるでしょう。


ひとつだけ注意してもらいたいこと。
それは、プレッシャーを与えることです。

ですから、自信を回復させようとする過程で
短期間で相手を変えようとしてはいけません。

そのような無言の圧力は相手に伝わるもの。
せっかくの取り組みも台無しになってしまいます。

じっくりと時間をかけて見守ってあげてください! ^^


相田みつをさんの名言に

「ともかく具体的に動いてごらん。
 具体的に動けば 具体的な答が出るから」

という言葉がありますが、
まさにこの通りだと思います。

誰もが自信を失うと次第に行動したくなくなり
悲観的に考えるようになります。

そして、その状態が続くと精神的に病んでしまうのです。

このような負のループを断ち切るには
相田みつをさんの名言にあるように
とにかく行動させ続けることで
悲観的な思考をする余裕を与えないことが大切なのです。

行動していればかならず次の展開がやってきます。

よい予感を持ちながら
新しいことにチャレンジしていく
楽しさを伝えてあげてくださいね。


以上、参考にしてみてください! (*^-^*)

c0289013_14152126.jpg


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-06 19:00 | 営業・接客