店舗ビジネスや中小企業の経営者の方に役立つ情報やノウハウを発信!あなたにやる気と勇気をチャージします!


by mercury-consul

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
逆転戦略
ビジネスモデル
マーケティング
営業・接客
ブランディング
組織化
成功哲学
成功事例
お勧め本
お知らせ
自分を変革する
やる気を高める
障害を乗り越える
人との繫がりを大事にする
未来を信じて突き進む
備忘録
未分類

最新の記事

稼げる人と稼げない人の違い
at 2014-03-14 07:00
惹きつける文章を書けるように..
at 2014-03-12 22:14
リスト取りで失敗する人が必ず..
at 2014-01-26 06:00
特典にクソレポートやガラクタ..
at 2014-01-25 07:00
草食系や絶食系は卒業!闘争心..
at 2014-01-24 22:39

以前の記事

2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

カテゴリ:マーケティング( 87 )

ファックスDMを活かすには!?

【質問】

ファックスDMをやろうと考えているのですが
今のようにネット主流の時代に
ファックスDMは効果があるのでしょうか。


【回答】

ファックスDMはもう古い!
やはり今はネットの時代だ!

という意見もありますが、
私は時代がいくら変化したとしても
かつて有効だったツールは時代が変わって
有効だと思っています。

さすがに100年後はわかりませんが、
現在であればいまだにファックスを使って
仕事をしている方は多いですから、
ファックスDMはまだまだイケます。

また、世の中がネットに流れているときこそ
敢えてファックスのようなアナログ手法をやることは
とても価値があると思います。


アナルグと言えば、ファックス以外にも、
はがき、手紙、ニュースレターなどがありますが
これは現在のようなネット時代では古い感じがしますが
今でも効果を発揮する現役のツールです!

どのツールが使えて、どのツールがもうダメなのか、
ということを議論する方が多いですが
問題はツールの種類ではないのです。

いかなるツールでも効果をだそうと思えばだせます。

要は、そのツールを使って何を訴えるのか、
またどのように活用するのかということが大切なのです。


はがきで言えば、出さない方が多いですが
正直とてももったいないことだと思います。

はがきは出せば確実に相手に届く
最高のマーケティングツールです。

ですから、暑中見舞いや年賀状だけでなく、
普段中々お会いできない方と
コミュニケーションするツールとして
最大限に活用すべきです。

私は、相手に役立つ情報があれば
はがきにそれを書いて送ったりしていますし、
顧問先から振込があったときは
お礼状をかならず出すようにしています。

そういうマメで誰もがやらないことを
地道に続けることが勝利につながっていくのです。


ですから、どのツールがよくて、どのツールがダメだ、
というような議論は不毛です。

ツールの問題ではないのです。
ツールの中身であり、使い方が大事なのです!!


ですから、あまり周囲の情報に惑わされることなく

顧客や見込み客とコミュニケーションを密にとるには
どのツールをどう使うべきか。

また、相手に伝えたい情報を確実に伝えるには
どのツールを活用したよいのか。

という視点で考えてみてはいかがでしょうか。


以上、参考にしてみてください! (*^-^*)

c0289013_13265281.jpg


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-11 16:00 | マーケティング

商品やサービスが売れるための三要素

商品やサービスが売れるためには
三つの要素を満たさなければなりません。

その三つの要素とは何か?を解説します。

商品やサービスが売れるための三要素



□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-09 22:07 | マーケティング

あなたは使い方を間違っている!フェイスブック広告の正しい使い方

今回はフェイスブック広告について
お話をしたいと思います。


フェイスブック広告というのは
ウォール画面の右側に表示される広告で、
フェイスブックユーザーに向けて

年齢、性別、学歴、地域などをで
ターゲットを絞り込み、

自社のページ(フェイスブックページ)や
自社商品、ホームページ、アプリなどを宣伝する

というものです。


実はこのフェイスブック広告、
凄ぶる評判が悪いんです @_@;

私がお付き合いさせていただている社長さんも

「フェイスブック広告だしたけど反応悪いね」
「結局、全然商品が売れなかったよ」

とおっしゃっていました。


が、私はどういう広告を打ったのか聞いたところ
これでは反響がとれないと思いました。

なぜ、反響がとれなかったのかというと、

フェイスブック広告の特長を理解せずに
通常と同じ売り込み型の広告を打ったから。

なのです。


世間で言われているほど
フェイスブック広告は悪くありません。

むしろ優れた機能を持っている
仕組みであると思います。


ただし、フェイスブック広告の仕組みを
きちんと理解せずに使っても
反響をとることは難しいでしょう。

ですから、フェイスブック広告の特長を理解して
使用するというのが大事だと思います。


大事なことは、

フェイスブックを使ってい人は
何か問題を解決するために
フェイスブックを使っているのではない!

ということです。

大事なところなので、もう一度。

フェイスブックを使っている人は
何か問題を解決するために
フェイスブックを使っているのではない!

言われてみればその通り、という感じですが
ほとんどの方がこれがわかっていません。


ヤフーやグーグルをなど
ネットで検索エンジンを使うとき、
あなたは何か問題を解決するために
検索をしているのではないでしょうか。

例えば、あなたが

相続の問題を解決したいので
詳しい専門家に相談したい。

急に歯が痛くなったので
応急処置をしてくれる先生を知りたい。

という問題を抱えているときにあなたは、

「大宮」「相続」

「歯医者」「奥歯」

などのキーワードで検索するはずです。


そして、こうした検索ワードに応じて
広告がだせるのがリスティング広告なのです。


ですから、リスティング広告のノリで
フェイスブック広告をだすと痛い目にあう訳です。


フェイスブックは悩みを解決する場ではなく、
あくまでユーザーが交流を深める場です。

ですから、売り込み型の広告もNGです。


ではどういう広告がよいかというと

無料で○○○を提供します!

というオファーが有効なのです。


フェイスブックをしていると、
よく無料アプリや無料サンプル、無料動画、
無料コンテンツの配布などを見かけますよね。

まさらにこれらが無料のオファーです。

こうすることで見込み客を集めて
フェイスブックなどでフォローし続けることで
最終的に購入してもらうという訳です。


いかがでしょうか?

フェイスブック広告の使い方を
ご理解いただけたでしょうか。

従来のネット広告と同じ感覚で
フェイスブック広告を利用しても
うまくいくはずがありません。

ぜひ、上記のことを理解していただいて
利用していただければ確実に効果がだせるでしょう ^^v

c0289013_2285488.jpg


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-08 22:09 | マーケティング

「売ろうとする」のではなく「知ってもらう」から「売れる」

味噌は日本人には欠かせない調味料ですが
最近は仕事の忙しさや塩分の過剰摂取防止から
味噌汁を作らない家庭が増えているそうです。

また、大手メーカーによる大量生産によって
味噌の価格は下がる一方で
昔からある味噌店は厳しい状態にあります。

そんな中、奇抜な商品を開発して
生き残りに成功している味噌店があります。

それが、茨木県日立市にある内山味噌店です。


なんと味噌店の隣りにカフェを作り、
そこでオムライスのデミグラスソース、
野菜カレー、ペンネグラタンなど、
同店の味噌を隠し味にしたメニューを提供し
非常に好評を得ています。

もっとも驚くメニューは味噌を使った「みそプリン」

味噌とプリンは合わないのではと思いますが
食べてみると味噌臭さがなく、
通常のプリンよりも濃厚でおいしいのです。

現在は、「みそプリン」の通販も手がけており
全国にファンが急増しているそうです。


なぜ、「みそプリン」を作ったのでしょうか。
きっかけは新しい味噌を開発したことにありました。


冒頭でもお伝えしたように
味噌店の生き残りが厳しくなる中で
同社では差別化をはかるために
昔ながら製法で作る「古式醸造みそ」を始めました。

ふかした大豆、麹、塩を
混ぜ合わせる通常の工程に加えて
大豆も麹にするのが特徴の製法。

機会では作れない旨味のある味噌が作れるのですが
最大の問題は温度管理が難しいので手間がかかることと、
造れる量が3分の1になってしまうということ。

つまり、造れる量が3分の1になるので
利益をあげるには通常の味噌の3倍の値段で販売しなければ
採算があわなくなるということなのです。


通常のものに比べて価格が3倍もするので
味噌好きのヘビーユーザーしか購入しません。

裾野を広げるにはどうしたらよいだろうか。

そこで始めたのがカフェだったのです。

カフェで「古式醸造みそ」を使った料理を提供、
実際に料理を食べてもらうことで
味噌のよさを知ってもらうことができました。

その結果、普段味噌汁をあまり飲まない若い人が
贈答品として買っていくようになったそうです。


同社が成功したポイントは、

味噌を売ろうとしたのではなく、
味噌を知ってもらおうとしたこと

にあるのではないでしょうか。


売ろうともっても簡単に売れる商品ではないですし、
売ろうとすればお客さんは離れていってしまいます。

売ろうとするのではなく、
実際に食べてもらって
味噌のよさを体験してもらったことが
結果的に売上につながったのです! ^^v


積極的に売ろうとするのではなく
売れるようになることが大切であることは
何度もメルマガでもお伝えしてきました。

売れるようになるためのひとつの方法として
実際に商品を試してもらう機会を持つことは
有効な方法なのではないでしょうか。


参考にしてみてください! (*^-^*)


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-06 16:00 | マーケティング

住宅販売業で大手の価格攻勢にどう対抗すべきか!?

【質問】

住宅販売を手がけている者ですが
最近は価格競争が激しくて
利益をだしにくくなりました。

大手の低価格住宅の進出で
さらに価格が低下しています。

大手に対抗するにはこちらも低価格で
勝負すべきなのでしょうか。
ご教示願えれば幸いです。


【回答】

住宅業界に限らずにどの業界でも
価格競争が激しくなってきており、
取り分け大手との競争は熾烈を極めています。

が、大手との直接競争は避けてください。

大手の会社のビジネスモデルは、

●コストダウンによる商品の低価格化
●大量生産による大量販売

が特長ですから中小企業が価格で
勝負しても勝てるはずがありません。

ですから、低価格を志向するよりも
付加価値で勝負すべきです。


ただし、どうしても低価格で
勝負したいというのであれば

●業者間での馴れ合いをやめる
●仕入れを安くする
●経費を削減する
●施工時間を短縮する
●標準化によって効率をあげる

などに徹底的に取り組んで
コストダウンをはかってください。

中小企業はアイディアで勝負!!

上記の課題を解決するために
知恵を絞ればなんとか実現することは可能です。

その上で低価格を志向するのであれば問題ありません。


低価格といっても基準がないとわかりにくいのですが
具体的に言うと、業界平均から2割引き程度では
インパクトがないのでやる意味がありません。


では、どのぐらい低価格にすると
集客効果が見込めるかというと
最低でも半額!!! @_@

最終的には7割、8割引きぐらいを
目指してください!!!


7割、8割引きという数字を見て

「そんなの無理に決まっている!」

と思われたら、やはり低価格はやめるべきです!


他者(社)がやっていないことをやることが
差別化の基本ですから
低価格を目指すのであれば7割、8割引きでも
利益がきちんとでるビジネスモデルを
組み立てるようにしましょう。

中途半端に2割、3割引きだと
大手を含めてどの会社でもそのぐらいの割引は
すぐにしてくるので集客効果がないのです。


低価格で勝負するなら
7割、8割引きを狙う。

無理であれば付加価値で
勝負することを考えてください。

もちろん、低価格にした場合、
大量販売が前提になるので
一生に一度しか買わない商品や
極端に購入頻度の低い商品で
低価格販売をするのは自殺行為!!

ここ、よく間違えるところなので
注意してくださいね!!


また、何事もスピードが大切です。
他者(社)がやる前に一気に
低価格販売のビジネスモデルをつくりあげて
商圏で圧倒的なシェアをとってください。

そうすれば、あの地域で○○が安いのは
○○○という会社だよねという
ブランドを築くことができるので
その後ビジネスを展開しやすくなります。


以上、参考にしてみてください! (*^-^*)

c0289013_1001436.jpg

[PR]
by mercury-consul | 2013-03-05 10:00 | マーケティング

巷でブームになっている「干し野菜」人気の背景に迫る!

こんにちは、島倉です。

最近、ちょっとしたブームに
なっているのが干し野菜。

書店でも干し野菜をテーマにした
書籍やムックが並んでいます。

【ちょっと干すだけで驚くほどおいしくなる 干し野菜レシピ】
 ⇒ http://goo.gl/Zig2Y

【干し野菜クッキング ちょこっと干してうまみがぎゅっ!】
 ⇒ http://goo.gl/AXc7y

【干し野菜をはじめよう 太陽の香りがするレシピ100】
 ⇒ http://goo.gl/ReKST


レシピサイトとして有名なクックパッドでは
干し野菜の作り方や干し野菜を使ったレシピが
100種類も投稿されていることからも
関心の高さがわかりますね ^^v

【クックパッド 干し野菜料理】
 ⇒ http://goo.gl/DlhBi


干し野菜とは、野菜を天日干ししたもので
古くから大根やしいたけなどが
干し野菜として有名でした。

が、最近は、定番野菜意外にもあらゆる野菜を
干し野菜にするのが流行っているとか。


なぜ、今干し野菜がブームなのかというと
ひとつは今冬が厳冬だったことで
野菜が高騰したことが背景にあります。

野菜の値段がとにかく高かったので
安いバーゲンの日に野菜を買い込む人が
非常に多かったのではないでしょうか。

しかし、野菜はいずれ腐ってしまう。。
そこで干し野菜に注目が集まったのです。


また、生野菜にはない干し野菜の独特の
食感や味を楽しむ人が増えたこともあります。

干すことで歯ごたえがよくなるので
いつも食べている野菜を
違った食感で食べられることが魅力ですよね。

また、干すことによって旨味が凝縮されるので
鍋ものや煮物など冬の暖かい定番料理の具合として
見直されたのではないでしょうか。


東日本大震災以降に広がったエコへの関心も
背景にあるのではないでしょうか。

普段、使わなかった細切れの野菜は
捨ててしまうことが多いですが
干し野菜にすることで捨てずに
使い切ることができる訳です。

そういうエコにも優しいとことが
ブームに火をつけたのだと思います ^^


最近では、飲食店などでも
干し野菜を使った料理を提供したり、
干し野菜を販売するお店が増えています。

あなたのビジネスにも話題の干し野菜、
活かしてみてはいかがでしょうか。
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-05 09:48 | マーケティング

「元祖★おケイコ女子」たちが習い事業界に帰ってくる!先回りしてこのチャンスをつかめ!!

こんにちは、島倉です。

25年以上も前のバブル時代に

「花金」
「アフターファイブ」
「5時ダッシュ!」

などの言葉が流行りました。

会社終了後、習い事をすることが
一種のステータスになっていたのですが
当時習い事をしていた「おケイコ女子」が
子育ての時期を終えて復活する気配があるとか。

リクールでは彼女たちのことを

「元祖★おケイコ女子リターンズ」

と呼んでいて今年のトレンドになると
予測しているそうです。


バブル以前は大学を卒業したら数年勤めて
結婚、退職というのが主流でしたが
バブル期になるとお嫁さんになるだけでなく
自分磨きをするこおとがテーマになっていました。

当時、英会話や料理教室などが大流行で
習い事市場がとても活気がありました。


その後、彼女たちは結婚するのですが。。
多くの人たちは結婚後も子育てしながら
習い事を続けていたのです!

英会話、料理はもちろんのこと、
フラワーアレンジメント、ダンス、ネイル、
着付け、アロマ、ウェブデザインなど
幅広い分野でチャレンジしていたのです。


現在もその効果が続いているそうで、
習い事関連のスクールでは
バブル世代の40代の人たちからの
問い合わせや申し込みが増えているようです。

子育てにかかっていたお金が
習い事の方にスライドする訳ですから
習い事関連のスクールにとっては
大きなチャンスになるのではないでしょうか。


また、技術を身につけたおケイコ女子が
起業するケースも増えているようで、
当社にもそういう方からの問い合わせが増えています。

起業塾などでも40代女性が
かなり参加されていますね ^^


バブルを経験した彼女たちが
子育てがひと段落した今、
習い事市場にかなりの影響を与えるのは確実で
業界が大きく変化するきっかけになりそうです。

あなたもぜひこのチャンスをつかんでください!! ^^v
[PR]
by mercury-consul | 2013-03-05 09:45 | マーケティング