店舗ビジネスや中小企業の経営者の方に役立つ情報やノウハウを発信!あなたにやる気と勇気をチャージします!


by mercury-consul

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
逆転戦略
ビジネスモデル
マーケティング
営業・接客
ブランディング
組織化
成功哲学
成功事例
お勧め本
お知らせ
自分を変革する
やる気を高める
障害を乗り越える
人との繫がりを大事にする
未来を信じて突き進む
備忘録
未分類

最新の記事

稼げる人と稼げない人の違い
at 2014-03-14 07:00
惹きつける文章を書けるように..
at 2014-03-12 22:14
リスト取りで失敗する人が必ず..
at 2014-01-26 06:00
特典にクソレポートやガラクタ..
at 2014-01-25 07:00
草食系や絶食系は卒業!闘争心..
at 2014-01-24 22:39

以前の記事

2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

記事ランキング

コンビニのレジ裏の棚に置いてあるクッキーや羊羹などのギフトセットは売れているのか!?

こんにちは、島倉です。

今日は前回にひき続いて
コンビニ経営について考えてみましょう。

なぜ、コンビニなのか!?というと
実はコンビニにはすべての経営エッセンスが
つまっているからです。

ですから、コンビニ経営で有効な策というのは
実は他の飲食店や小売店、店舗型ビジネス全般でも
使えるものがたくさんあるからです。



ところで、レジで商品の精算をしてるときに
奥の棚にあるクッキーや羊羹のギフトセットが
気になったことありませんか!?


わたしはコンビニを利用するときに
いつも気になっています。

あれ、売れるのか!?と。。


わたしが地元や出張先で立ち寄ったコンビニ
約20店舗ぐらいで聞いてみたところ、
全店舗でまったく同じ答が返ってきました。

「ほとんどでることはありませんよ」

そうなんです。あれ、ほとんど売れないんです。


そもそも、ギフト商品なので
普段買うという人も少ないとは思いますが。。


ここで、疑問を持たれた方も多いかと思います。

「あれ!?コンビニって売れ筋商品しか置かないのでは!?」



コンビニは店舗スペースが小さいために
たくさんの商品を置くことができません。

ですから、売上げデータを分析して、
売れ筋商品だけを置いておく。。というのが
どのコンビニでも共通した戦略です。


と考えると、クッキーや羊羹などのギフト商品を
置いておく意味は何なんだろう。。と思いませんか!?


実は、コンビニにはギフト商品以外にも
あまり売れないものがいくつか置いてあります。

例えば、冠婚葬祭要のネクタイ。

大体どのお店でも白黒のネクタイが置いてあります。

わたしが住んでいるマンション近くにあるコンビニでは
おむつや体温計、裁縫セット、
トイレが詰まったときにつかうカッポン
などが
置いてあります、バンバン毎日のように売れる。。
ということはありません。


コンビニに置いてある商品を見てみると
意外にも売れ筋とは思えないような商品が
結構置いてあることに気づきます。


では、なぜ商品を置くスペースが限られているコンビニで
売れないような商品を置いておくのでしょうか。

それは、お客様の「いざ!」というときに備えて
商品を置いてあるのです。



例えば、あなたが深夜にトイレを
つまらせてしまったとしましょう。

もう深夜0時をまわっているので
トイレのカッポンを売っているお店は
どこにもありません。

そんなとき、ふと近くに
コンビニがあることに気づきました。

「トイレのカッポンがある訳ないよな。。」

と思いつつコンビニに行ってみると、
なんと!トイレのカッポンを発見!!!

あなたはそれを見て心のなかで

「コンビニ、本当にありがとう!!」

という思いでトイレのカッポンを買うと思います。


この話からお分かりかと思いますが
コンビニが敢えて死に筋、売れない商品を置いておくのは
お客様の「いざ!」というときに備えて置いているのです。


「いざ!」というときにコンビニに行ったときに
お目当ての商品がないと、大抵のお客様は

「なんだ!所詮、コンビニはダメだな」
「なんて品揃えが悪いんだ!」
「使えないお店だな!!」

と思うのです。

そして、そういう思いをしたお客様の中には
そのコンビニを二度と利用してくれない人もいるのです。

ですから、そういうことを避けるために
コンビニではバンバン売れる売れ筋商品以外にも
「いざ!」というときに備えた商品も置いているのです。


大事なのは、コンビニは地域密着型のビジネスということ。

つまり、商圏に住んでいる住民の人たちが
メインのお客様ということなのです。


住民の方がお客様なのですから
あまり売れなくても生活に必要なものは
置いておくことが大切なんですね ^^


わたしは、ビジネスを考えるときに大きく

「地域密着型ビジネス」
「広域対象型ビジネス」

にわけて考えています。


「地域密着型ビジネス」とはコンビニや飲食店、小売店など
地域に住んでいる人たちを対象に商売をするビジネス。

「広域対象型ビジネス」とはネットショップや通販など
全国の人を対象に商売をするビジネスのこと。

当然、この2つは戦略、戦術がまったく異なってくるのですが
最近、顧問先を見ているとこのビジネスの違いを
きちんと理解することなく間違った戦略、戦術を立てている
ケースがとてもよく見られます。


これ、2つはぜんぜん違うビジネスですから
戦略や戦術を入れ違うととんでもないことになります。

戦略、戦術を考えるときに、
「地域密着型ビジネス」なのか、
「広域対象型ビジネス」なのかを考えてください!!

そうすると先ほどのコンビニのように
効果的な戦略や戦術が見えてきますよ!! ^^v

c0289013_14464686.jpg


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  島倉大輔 経営コンサルタント
  株式会社マーキュリーコンサルティング代表取締役

  中小ベンチャー企業を対象にした経営コンサルティング
  独立創業支援/講演セミナー講師/執筆活動/経営人生相談

  TEL  : 03-3768-4268
  MAIL  : info@mercuryconsul.com
  URL  : http://www.mercuryconsul.com
  Facebook : https://www.facebook.com/daisuke.shimakura

  ★☆★ ご遠慮なくお気軽にご相談ください! ★☆★

  ●大好評無料メールマガジン配信中!
  「人生逆転!成功事例から学ぶ小さい会社の成功法則」

   ⇒ http://www.mag2.com/m/0001393913.html
  ●コンサルタントの話を聞く前に読んでおきたい経営書
  「大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。」

   ⇒ http://goo.gl/sxbD4

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

にほんブログ村 経営ブログへ
[PR]
by mercury-consul | 2013-04-03 14:48 | ビジネスモデル